DONNA KARAN



NYに滞在中、一番自分自身にとってインパクトのあった事は、

MOMAで行われていた展示

『Is Fashion Modern?』

というテーマで、ファッションの定番、モダンアイテムのルーツを紹介した展示でした。


その中の一角に、ほとんどの人が素通りしていくエリアが。


それがDonna Karanの展示でした。




そこには、たしかに定番と呼ばれるアイテムが8点あるのみ。


その下に、小さなモニターで、そのシーズンのConcept Movieが流れていました。



そのMOVIEを目にして、動けなくなって、3回くらい見てしまった。



同じMOVIEが無いかと、YOUTUBEでも探して見たのですが見つからず。。。。

そのMOVIEの一部が編集された、その当時のVOGUEの特集映像を見つけたので、

紹介しますね!!




Donna Karan が発表したコレクションは、

女性の生き方でした。

NYの働く女性、昼間は働いて、夜はPartyにそのまま行ける。

忙しいからこそ、着回しのきくラインナップで、

なおかつ、着心地の良さの追求



今では、雑誌の特集で当たり前となっている

『着回し』や『機能性』を、ファッション性を兼ね備えた形で、

なおかつ、ライフスタイルに沿ったご提案。


全てが完璧でした。


しかもMOVIEもとても素敵♡


今は、トレンドという言葉、このアイテム。という『商品に対して点』の発信が溢れている中

女性の生き方を強く提案するブランドというものが、

日本でも生まれてほしいなーと私は願っています!!

なんとなくオシャレではなく、そこにアティチュードがある。


Fashionとは、時代や、思想を言葉なくして反映されているからこそ、

そこにVOTEした人たちが、結果的にトレンド(時代)を作る。

誰かがトレンドをコントロールするのではなく

リアルな投票こそが時代を作っていく。



ここ数年、大量生産消費に染められて、

情報過多に惑わされて、

自分が本当に何を着たいのか、どう生きたいのか

迷ってしまう時代だと思うんです。

それは、ちょっと、面白くない。



なんだか、これから始まると思っているのは私だけでしょうか?


Fashionから始まる、スタイルの時代が♡





0コメント

  • 1000 / 1000