MOUSSY COLLECTION

今日は、いつもお仕事でお世話になっているバロックジャパンリミテッドの上場記念Partyで、私がビジュアルディレクターを務めているMOUSSYのSHOWがあり、裏側で奮闘しておりました!!

奮闘していた姿をINSTAのLIVEで配信!!

スタートが15分ほど遅れてしまって。Modelも私も待ちぼうけのゆるーいLiveから始まりましたが、Showがスタートしてからはあっという間💦
機敏に動きました😆🙌🏻


そして、一瞬で全てが終わりました!

MOUSSYのオフィシャルアカウントと両方で見ていた人は、楽しんでいただけたかとおもいます♡

今回のShowのテーマは、「The MOUSSY」
Jeansを軸に、MOUSSYのスタンダードでもある、トラッドやチェック、上質なニット、レザーやライダースを使ったスタイリングで、今のMOUSSYを表現しました。

音楽は60's garage rockで選曲。
ヘアメイクもその年代に流行った、女っぽいRockな女性を演出してもらいました。

街ですれ違った時、振り返って見たくなるような。
そんな、印象に残るひと。。。

すれ違うスピード感を、モデルのみんなにも共有して、颯爽と歩いてもらいました。

と言っても。。。自分は全く見ることができなかったので。。。。

写真がちゃんといただけたら、またこちらの記事に追加しようと思います!!


そして、会場で❤️

左から、私。
Withの編集長の鴉田さん
ENFOLDのディレクターの瑞岐さん
NUMEROのエディトリアルディレクターの軍地さん
ViVi編集長の岩田さん

実は、スタイリストになるきっかけは、瑞岐さんでした。瑞岐さんの元で働いていた時。瑞岐さんがスタイリストに興味がないかと私を誘ってくれて、アシスタントに着くことができました。

そして、鴉田さんと軍地さんはその当時、ViViを作り上げていたトップのお二人で、お二人に、時に厳しく、愛情たっぷりにアシスタント時代、育てていただきました。

今でも、「売れることにこだわるスタイリスト」になったのは、このお二人のおかげだと思っています☺️🙏🏻

そして、現在のViViの編集長の岩田さん。私が独立した時。ViViでは「ひらひらミニ」とか「LA girl」というのがトレンドで、とってもガーリーな雑誌でした。

自分自身のFashionとあまりにも違うので、どう組んで良いのかわからず、スランプに陥っていた時。。。。岩田さんが、「俺は女の子の服はよくわからないけど、由香梨ちゃんの私服はカッコよくて、俺は好きだけどね〜」と、言ってくれました。

それがきっかけで、何かが吹っ切れて、自分らしいスタイリング、私らしいスタイリストになろうと思えたのです。。。。それから、COOL系の企画を何本も岩田さんと一緒に作りました。今の私があるのはみなさんのおかげです。。。。


本当にこの4方には感謝してもしきれません😭🙏🏻✨

Fashion showの高揚感と、会場での再会に、本当に幸せな時間でした。


関係者の皆様。そして、このShowを一緒に作り上げていただいた演出チーム、ヘアメイクチーム、モデル、MOUSSYチームの皆さま、お疲れ様でした♡
そして、バロックジャパンリミテッド様、おめでとうございます!!!


素晴らしいブランドに、このように関わらせていただいていること。本当にスタイリストとして誇りに思います。ありがとうございます。


0コメント

  • 1000 / 1000